スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

山の音楽家たち

2009/10/17 Sat 13:32

今月2回目のお教室、お題は「山の音楽家たち」

この曲、べつに秋の季節を想像する言葉は出てこないの
ですが、私の頭のなかでは秋っぽい曲としてカテゴリされて
いるようです。ナゼかしら?
音楽会のシーズンだからかな?

全部作るのは、ムリかと額のまわりのウサギ、キノコ、
クリ、ドングリの4つのパーツをお題に。

ongakuka(91).jpg

それでも多いかと思ってはいたのですが、予想通り
クリとウサギで時間オーバーとなりました。
続きは次回に。
たぶん、次回は時間が余ると思うので、「クリスマスの
ケーキのリース」と同時進行でいきたいと思います。

時間には余裕があるくらいで組まないとだめですね。
気をつけます。

額の中の写真、本当は楽器までフェルトで作ろうかと
思ったのですが…
どうせ、♪は書き込むのだし…時間もないし…と描いて
しまいました。余裕のあるときに作りたいと思います。

ongakuka (22)

思っていたより、キノコやドングリが可愛くて、このパーツを
主題にして何か作ろう♪




スポンサーサイト
フェルトの季節 秋 | コメント(2) | トラックバック(0)

あけびのリース

2007/10/16 Tue 09:00

以前、作ったあけびを、今週末のイベント用にリースに しました。

PA160042_convert_20080325171804.jpg

クラフトショー2007
  期日 : 2007年10月19(金)~21(日)
  場所 : さいたま新都心 書楽  3階 ギャラリー 

葉っぱは、普通のフェルトで。 木の実、紅葉の赤と迷いましたが
今回は青系で。
あぁ…やっぱりアレンジ苦手… それでも、籠に入れるよりは
アケビが生きてきたかな? という気がして満足です。

PA160048_convert_20080325172719.jpg
>>続きを読む・・・
フェルトの季節 秋

あけび

2007/04/12 Thu 09:00

春なのに~ 春なのに~♪ 
「あけび」と「富有柿」です。

akebi_convert_20080409112005.jpg

季節感なくてすみません。先日のPosseで展示したものです。
皮の色…紫と青と黄色が混ざったような、この羊毛の色を
吉祥寺の羊毛専門店アナンダで見つけた時 「アケビだ!」 
と、懐かしくなりまして。

昔、父が山へ下草刈に行くのについていくと、秋には必ず
アケビがあって取ってくれたものでした。
食べた事のある人はどのくらいいるんでしょう?
味は…甘いですよ。上品な甘さ。
おいしいか?って言われると、味より食べずらさのほうが
気になってしまって味どころでは…
食べづらさって?食感的にはバナナの中にスイカの種を
ぎっしり詰め込んだ…みたいな?(笑)

akebi_(1)_convert_20080409112050.jpg

山で食べたアケビは、食べずらくっても
「あぁ、こんな山の中に、甘い実が…」って
本物の自然の実りがうれしくなって、おいしさはともかく
食べたくなるのです。また食べてみたいなぁ。

アケビを食べた後は、決まって、落ちている胡桃を
拾い集めたものでした。
家へ帰って胡桃を割るのは大変でしたが…。
それも胡桃和えとなって食卓に出てきました。

そういえば、家の庭にはざくろの木があって、こちらもすごく
酸っぱくて種ばっかりで…でも、食べたくなるのです。

夏は桑の実…あれだって、口の周りも手も紫色になって
変なツブツブ感があっても食べたくなるのです。

ん?食い意地はってるだけ?


>>続きを読む・・・
フェルトの季節 秋

つるし柿

2006/12/20 Wed 09:00

祖母が生きていた頃は家の裏に柿の木が3本ありまして
3本とも渋柿だったので、よく干し柿を一緒に作らされました

柿の皮をむいて、藁で縄をなってつるしていくわけですが
私はこの作業が大好きでした

でも、干し柿はあまり好きではなく、渋柿をアルコールにつけて
コタツの中などの暖かいところに置いて作る「さわし柿」のほうが
好きでした
ぐにゅ、ぬるっ、どろっ…としているものは、苦手だったので
干し柿に限らず、納豆、とろろ芋、里芋、なめこ、嫌いでした。
今では全部食べられますけどね。

turusigaki+-w(1)_convert_20080918171109.jpg

フェルトの季節 秋
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。